一人薬剤師の年齢不問の求人は?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師の年齢不問の求人は?

一人薬剤師の年齢不問の求人は?

2014年4月15日に総務省が発表した推計人口によると2013年10月1日の時点で、日本は4人に1人が65歳以上の高齢者になったことが判明しました。日本人の総人口は1億2700万人ですが3年連続で減少していて、特に15歳未満は総人口の12.9%でこれまでで最低の数字でした。高齢化社会と言う言葉を良く耳にしますが、1970年にすでに日本は65歳以上の高齢者の割合が14%を突破して高齢化社会になりました。2007年には21%を超え超高齢社会になり、2050年には約4割が高齢者になるのではと予測されています。

2013年4月1日から改正高年齢者雇用安定法が施行され、それまでの60歳までの定年制が変わり希望すれば、誰でも65歳まで働けるようになりました。ただその一方で企業では中高年を対象にしたリストラが相変わらず行われていて、政府も企業に助成金を出しリストラされた従業員の再就職支援を行っています。これは労働移動支援助成金という制度でこれまでは対象が、中小企業に限定されていましたが2014年3月からは大企業も支給対象になりました。さらにもし転職エージェントで再就職が決まれば、転職エージェントへの費用のうち最大で60万円まで支給されます。

ただ中高年の方々の再就職や転職活動は容易ではなく、年齢不問と記載された求人も電話口で、年齢を告げただけで断られるケースも少なくありません。これは2007年10月1日から男女雇用機会均等法が改正され、求人に年齢制限を記載することができなくなったからです。そのため20代や30代の若い世代と同じようなスキルや経験であれば、給与も高い40代や50代の中高年の再就職が厳しいのもある意味で当然かもしれません。しかし薬剤師の場合は40代や50代でも高いスキルや経験があれば、求めている調剤薬局やドラッグストアはたくさんあります。

医師や看護師などもそうですが薬剤師の場合も、例え60代や70代でも健康であれば働くところはいくらでもあります。もし中高年や高齢者の方で一人薬剤師の求人を探されているのであれば、このサイトに掲載されている「リクナビ薬剤師」や「m3.com harmacist」などの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が高いスキルがあり経験豊富な中高年や高齢者の方に、一人薬剤師を募集している求人先の紹介を行ってくれます。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.