一人薬剤師の監査は?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師の監査は?

一人薬剤師の監査は?

アメリカの病院に勤務する薬剤師の場合は日本と違って、薬を調剤をすることはめったにありません。では誰が薬を調剤をするかといえば調剤助手がいて、薬剤師は処方監査や調剤監査が主な仕事です。この他にも医師や看護師からの問い合わせの対応や、薬物治療のモニタリングなどが薬剤師のメインの業務です。日本では薬剤師法で薬剤師以外の人が薬を調剤をすることは出来ません。ただ医師が自分の処方せんで、薬を調剤をすることは法律で許されています。

アメリカの薬剤師は薬を調剤しなくていいので楽だなと思われる方もいるかもしれませんが、薬剤師には監督責任があり何か問題があった場合には責任を問われます。アメリカの薬局には法律でPICと呼ばれる薬局責任者を設置する必要があり、ディレクターやマネージャーが薬局責任者を兼任しています。薬局責任者がその場にいない場合は、別の薬剤師が調剤監査を行います。日本の調剤薬局の場合は患者さんが持参してきた処方箋の確認し、初めての患者さんであれば薬歴管理を行なっていくためのデータ作りから始まります。

食物アレルギーがないかやこれまで薬の服用で、副作用がなかったかなどを詳細に聴き取りします。他の病院で処方された薬の有無や妊娠していないかなどもチェックしもし何か問題や、疑問点があれば処方した医師に問い合わせや確認を行います。問題がなければ調剤を行いますが、調剤薬局の場には数多くの医薬品があり、薬を間違うなどのミスは許されません。そういったミスを防止するのが監査業務で、普通は調剤した薬剤師とは別の薬剤師が調剤監査を行います。しかし一人薬剤師の場合には、調剤監査も自分で行うしかありません。

本当は職場に何人かの薬剤師がいて、調剤と監査は別々の薬剤師が行うのが理想です。しかし現実的には経営上の問題で薬剤師が一人で働いている、調剤薬局やドラッグストアも少なくありません。確かにミスや事故を防止するために調剤と監査は別々の薬剤師が行うのが理想ですが、一人薬剤師の監査は投薬時に自分でもう1度ダブルチェックを行うしかありません。もしどうしてもそれが嫌であれば、最終的にば辞めるしかありません。一人薬剤師の監査が嫌で転職を考えている方はこのサイトに掲載されている、転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの担当者が調剤者と監査者が、別の薬剤師求人の求人を紹介してくれます。最近では一人薬剤師の職場が増えていますが、何を重視するかは個々の自由です。監査で悩んでいるのであれば、気軽に転職エージェントに登録して担当者に相談してみてください。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.