一人薬剤師の休憩は?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師の休憩は?

一人薬剤師の休憩は?

調剤薬局やドラッグストアであっても休憩を、どうしているのか気になると思います。休憩時間に食事に行っていても急な呼び出しがあったり、食事すら満足にできない日があったりします。就職や転職する際には必ず雇用契約書を交わし給与や交通費や残業手当などと共に、勤務時間と休憩時間に関しても記載されているはずです。また労働基準法では休憩時間中は、従業員を拘束してはいけないことになっています。ただし労働基準法にも例外があり警察官や消防署に勤務する場合や、医者・看護師・薬剤師など医療関係者も労働基準法が適用されません。

ただ調剤併設タイプのドラッグストアの場合は、OTC相談であれば労働基準法が適用されます。しかし1類医薬品の販売など保険薬剤師としての業務の場合は労働基準法の適用外になり、休憩時間に呼び出しがあったりして法律には違反していません。それでも一人薬剤師の場合は労働基準法の適用外になるからと言っても、実際にそれに応じなければ勤務先とトラブルになることは目に見えています。同じ医療関係者でも薬剤師の場合は医者や看護師のように緊急性はありませんが、利益を優先させる薬局やドラッグストアであれば休憩時間の返上も強制的です。

ドラッグストアの管理薬剤師も薬事法でもし管理薬剤師が、休憩などで不在の場合は営業することはできず店を閉めないといけません。ただし管理薬剤師が不在でも他の薬剤師がいれば、休憩などやむを得ない場合に限り業務を行うことができます。しかし一人薬剤師の場合はそれもできないために、休憩時間中は店舗を閉めるしかありません。問題はその休憩時間中の、急な呼び出しにあなたが応じるかどうかです。もしどうしてもそれが嫌であれば、1度よく勤務先と話し合いを行うべきです。

それでも勤務先が改善に応じようとしないのであれば、諦めるか他の職場を探すしか方法はありません。他の職場への転職を考えているのであればこのサイトに掲載されている、「リクナビ薬剤師」や「m3.com Pharmacist」などの転職エージェントに登録されることをお勧めします。転職エージェントの担当者があなたの悩みについて共に考えて、休憩が取れる他の一人薬剤師の求人の紹介など行ってくれます。もちろん希望すれば複数の薬剤師が働いている職場への転職も可能なので、気軽に担当者に相談してみてください。

休憩時間に何度も呼び出しがあり食事すらできなくて、疲労が蓄積して体を壊してしまった一人薬剤師もいます。そうならないためにも、早めに解決策を見つけることが大事です。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.