一人薬剤師に関する法律は?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師に関する法律は?

一人薬剤師に関する法律は?

一人薬剤師は、一人で一つの事業所を任されることになります。そのために一応、管理薬剤師の資格をもっていることが重要となります。たとえば管理する部下がいないとしても、法律上管理薬剤師を置くことは決まっています。

薬事法によれば、管理薬剤師はすべての調剤薬局と、医薬品を販売するドラッグストア、薬局など一般販売店舗に配置する決まりがあるのです。小規模、大規模薬局にかかわりなくこの法律を守る必要があります。

一人薬剤師を探している場合、基本的に管理薬剤師の資格をもっている人を募集することになっているので注意です。ただし管理薬剤師というのは特に資格制度があるわけではないのです。基本的に実務経験3年以上の人が管理薬剤師になる資格があります。

そのため、ある程度調剤薬局やドラッグストアで働いた経験があるかどうかが重要です。いきなり新卒が一人薬剤師となるのは難しいように、ある程度の経験がなければ一つの店舗の管理者になるのは難しいです。

一人薬剤師を希望する人、また一人薬剤師を募集している人双方のマッチングには、応募者のほうが最低3年以上の同様の職務経験が必要となります。それによって一つの事業所、店舗を任されることになります。ドラッグストアなどの場合、管理薬剤師と店長などは別なことが多いですが、個人営業の薬局等では、やはりすべて一人で兼任ということもあります。その場合は幅広い業務経験が必要となりますので、もっと広い経験をしている薬剤師、製薬会社の営業の人との交渉などもできる、人の管理もできる人を募集する傾向があります。

年配の人が多い事業所では、それなりの年代の人が来てくれたほうが信頼感が増しますし、話もしやすい傾向があります。実力とニーズがマッチして初めて転職が成功するものです。無理やり自分を合わせても仕事が続かない可能性もありますので、よい案件がでてくるまでタイミングを見計らいましょう。

ある程度職務経験があって、管理薬剤師になる資格があれば、いまは薬剤師専門の転職サイトもあることですから、場所や待遇などを選んで自由に転職活動もできます。

数年の就業経験があれば、自分はどんなことが得意で、どんな職場に向いていて、適正年収はどれくらいなのか?など同僚や先輩と比較してわかってくる頃でしょう。そしてその資格や経験にふさわしい仕事を見つけるようにしましょう。もし転職のことで悩むことがあれば、薬剤師の先輩、友人、後輩、専門の転職サイトのエージェントなどに相談して、適正年収やこれからの転職活動の悩みなどを相談してみるのも一つの方法です。じっくり考えて、しかもタイミングを逃すことのない転職活動を。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.