一人薬剤師は新卒もありえる?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師は新卒もありえる?

一人薬剤師は新卒もありえる?

薬剤師の転職先は、病院、診療所、調剤薬局、ドラッグストア、行政機関、また数は少ないけれど製薬会社の研究職など幅広い転職先があります。薬剤師のニーズは高まっており、新薬開発のための治験関係の企業などにも需要がありますので、まずは自分の適性を見極めてぴったりあった仕事は、職場は?などよく考えておきましょう。

いまは終身雇用制度はあまり意味をなさず、その時の自分のスキルにあわせて転職していくことが一般的になってきています。新卒の場合は一生その企業に勤めることももちろん考えるべきですが、もし転職することになったら、次の仕事でもその仕事内容が評価されるような職場、職歴をつけなければなりません。

最近は地方の調剤薬局なども高齢化がすすんでおり、個人の薬局などで後継者がいない、また人材不足が顕著になり地域医療やセルフメディケーションに影を落としています。もちろん車で出かければ地方でもドラッグストアなどもあるのですが、そこまでの足を確保できない高齢者も多いのです。

しかしながら、地方、地元に帰る場合、または地域医療に貢献したいなど強い使命感などがない場合は、のちのち後悔をしないとも限らないので転職は慎重に検討してください。

たとえ一人薬剤師人材の募集があったとしても、管理薬剤師になるには3年の実務経験が必要なので、新卒では条件的に難しいです。

新卒の個人の職歴や、全体的なスキルを磨くためには、やはり大きな医療機関などに勤務したほうがのちのちの転職に有利なことがあります。病院から個人の調剤薬局やドラッグストアという転職は多くても、逆コースはなかなか困難だからです。最初から小規模な一人薬剤師に収まってしまうとその後の展開、転職がしづらいというデメリットもあります。条件面、そしてキャリアの面でももうすこし広い社会をみてから一人薬剤師になることをおすすめします。

自分で裁量が効く部分も多い一人薬剤師ですが、若いころは職歴も経験も、また人間関係で揉まれることも大事です。せっかく薬剤師資格をもっているのですから、その資格を最大限に利用して、大きな世界に向けて一度は漕ぎ出してみてもいいのではないでしょうか。30代、40代になってから地元に帰ってもいいですし、また経験を積んで一人薬剤師として独立する道もあります。

一人薬剤師の求人は特に地方で増えていますが、都市部でもコストカットや、また後継者不足によって一人薬剤師の求人は一定数あります。もちろん実家が調剤薬局という人もいるでしょう。薬剤師免許があっても他のところで修行に行くのは必須なので、新卒なら自分の目標、キャリアパスにあった仕事を見つけることです。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.