一人薬剤師の残業は?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師の残業は?

一人薬剤師の残業は?

最近では調剤薬局やドラッグストアも、利用者の利便性を考えて、かなり早い時間から遅くまで営業していることが多いです。そのため、もし一人薬剤師であれば仕事が終わるまで、残業をせざるを得ないこともあるでしょう。

一人でやっていればマイベースで仕事ができるメリットはありますが、その日によって来局者が多かったり、患者さんやお年寄りが多い、または在庫の確認やレセプト処理が溜まってしまっていたりして、どうしても時間が足らないことがあります。製薬会社の人が薬をもってくる日もありますし、在庫確認など月末になって仕事が重なってしまうこともあります。

そんなときには残業をしますし、残業代がでるかどうかはその企業や事業所の決まりに準じることもあります。最近はコストカットの影響で、薬剤師が不在な時間があるドラッグストアもあります。経営側としては、時給が高い薬剤師を残業させるよりも、アルバイトを雇って夜間などレジ打ちなどの仕事をさせて自分が必要な調剤系の仕事は時間を決めて行っている場合もみられます。

また逆に、人々の利便性を高めるために薬剤師が夜の10時までまたは夜中まで常駐して、調剤をしている薬局もあります。その場合はシフト勤務になっていて、それぞれの人が8時間以上の就業にならないように工夫されています。

利用者にとっては、休日や平日でも夜間営業している調剤薬局やドラッグストアはかなり便利なものです。しかし働いている側としては、決して良いことばかりではありません。残業の規定など、しっかり確認してから転職しましょう。数時間以内の残業は残業代がつかないなどの規定を設けているところも。できれば働いた分は必ずお給料がもらえるドラッグストアや調剤薬局に勤めたほうが有利です。

一人では回せないくらいの仕事量を振られて、体を壊してしまうよりは、ある程度余裕をもって仕事ができる場所を探したほうがいいでしょう。また、もし時間を決めて仕事をしたい場合、派遣社員や契約社員などで仕事をしていたほうが、実質的にはしっかりお給料がもらえます。効率よく働いてしっかりとプライベートも充実させる働き方もありです。

もちろん、いつまでも雇用が続くという保証はありませんが、もし時間を決めて働きたいという人なら薬剤師は十分な時給を約束されている仕事です。一人薬剤師である程度現場の仕事を任されるのが好きな人、無用な人付き合いが苦手な人ならそういったタイプの雇用スタイルを選ぶのも一つの立派な選択肢です。ただし、管理薬剤師はフルで就業していることが条件ですので、正社員かフルタイムの派遣社員やアルバイトでなくてはいけないという条件があります。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.