一人薬剤師のパートの求人は?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師のパートの求人は?

一人薬剤師のパートの求人は?

現在の薬剤師の求人動向ですが少し前までは、都市部でも薬剤師がかなり不足していました。その背景には病院やクリニックなどの医療機関の門前には全国展開している調剤薬局が次々にオープンし、調剤薬局では1日の処方せんが40枚に対して必ず1人の薬剤師が必要だったからです。特に大学の薬学部が4年制から6年制になったことで、2012年に6年制の薬剤師が輩出されるまでの2年間は、新卒の薬剤師がいませんでした。そのため薬剤師は完全な売り手市場で調剤薬局やドラッグストアでは、通年で薬剤師の求人をしているところが殆どでした。

しかしここ数年で薬剤師の求人動向は大きく変わり、多くの6年制の薬学部が新設され薬剤師の国家試験の合格者も急増しています。そのため都市部では薬剤師の需給が以前ほどでなくなり、薬剤師の求人もかなり減ってきて条件も厳しくなっています。さらにドラッグストアでは登録販売者の施行で、これまでのように薬剤師が必要でなくなりました。ただ地方都市の病院や調剤薬局やドラッグストアでは相変わらず、薬剤師がかなり不足しているところが多いのが現状です。薬剤師不足が続いている地方では、一人薬剤師のところも多く都市部との格差が見られます。

そのため薬剤師がどうしても不足している地方都市の小さな病院や、地方で調剤薬局やドラッグストアをチェーン展開している企業では一人薬剤師のパートの求人を行っています。本来であれば正社員として薬剤師を採用したくても、なかなか募集しても薬剤師が集まらない地域では、パートの求人を行うしかないからです。また結婚や出産で離職した薬剤師にとっても、まだ子供が小さかったりすればフルタイムで働けません。そんな薬剤師にしてみれば、一人薬剤師のパートの求人はとても魅力的なものです。

もし一人薬剤師のパートの求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、「リクナビ薬剤師」や「m3.com harmacist」などの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が病院やクリニックなどの医療機関の求人だけでなく、調剤薬局やドラッグストアなどの一人薬剤師のパートの求人を紹介してくれます。週に2〜3回の勤務や保育園や幼稚園への迎えの時間までの勤務など、あなたが希望するような条件の求人も多数あります。都市部でもパートの一人薬剤師を求めているところは多いのですが、地方では特に需要が高いので気軽に転職エージェントの担当者に相談してください。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.