一人薬剤師の薬局の求人は?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師の薬局の求人は?

一人薬剤師の薬局の求人は?

2012年に6年制の薬剤師が輩出されましたが、約4割の薬剤師が調剤薬局に就職し、調剤薬局の人気に陰りは見られません。調剤薬局の人気の背景には、病院などの医療機関で働く薬剤師と比べると、給料が高いことです。病院などで働く薬剤師の場合は新薬や最新の医療に対応するために、病院での勉強会やさまざまな研修やセミナーに、積極的に参加する必要があります。薬に関する高度な知識を得ることができますがその一方で、病院だけでなく製薬会社が主催する研修やセミナーにも参加したり、業務以外にも自分の時間がかかなり割かれます。

確かに病院で働く薬剤師のメリットは調剤薬局で働くよりも、高度な知識を得ることができることです。しかし病院に勤務する薬剤師の給料は、調剤薬局で働く薬剤師よりも安いのが一般的です。もちろん勤務する地域や年齢や経験やスキルによっても異なりますが、病院勤務の薬剤師の年収が500万円を超えるのは容易なことではありません。それに対して調剤薬局で働く薬剤師の場合は新卒でも、年収が500万円を超えるケースも珍しくありません。ただ調剤薬局で働く薬剤師の場合は自分で研修やセミナーに参加して、勉強するしか新たな知識を得ることは難しいと言えます。

全国的にチェーン展開している調剤薬局の場合は研修や、勉強会も充実していてスキルアップもできます。しかし多くの調剤薬局では研修会や勉強会も少なく、自分で勉強するしか方法はありません。それでも調剤薬局で働きたいと希望する薬剤師はいぜんとして多く、大手チェーンの調剤薬局だけでなく地方の調剤薬局でも一人薬剤師の求人が増えています。その背景には薬事法の改正で今ではドラッグストアだけでなくコンビニエや、スーパーマーケットやホームセンターなどでも医薬品を購入することが可能になったからです。

つまり昔のように調剤薬局で薬を購入する必要がなくなり、多くの調剤薬局では人件費の削減のために、一人薬剤師の求人をせざるを得ないのです。ただ仕事の量やプレッシャーもありますが、給与は高めの求人が多いのが目立ちます。もし一人薬剤師の薬局の求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、「リクナビ薬剤師」や「m3.com Pharmacist」などの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者があなたが希望するような条件で、調剤薬局の一人薬剤師の求人を紹介してくれます。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.