一人薬剤師の退職事情は?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師の退職事情は?

一人薬剤師の退職事情は?

実際にどんな企業で、どんな職歴を積んだかどうかはその後の人生に影響してくるので、いい加減に転職先を考えない、安易に決定しないことが大事になってきます。

一人薬剤師の担う役割はかなり多く、レセプト、調剤、服薬指導、監査、薬剤の在庫管理などを一人で行うことがあります。いくら小規模な調剤薬局、個人事業主でもこれだけの仕事があれば、1日に休める時間も少ないでしょう。

またお年寄りや体の不自由な人が来局すれば、それにふさわしい対応をしなければなりませんし、お薬手帳などをみながら適切な薬剤管理も必要となります。身寄りのないお年寄りであれば、一つの調剤ミスや見落としが重篤な症状につながりますので、ケアワーカーや介護スタッフなどの協力を受けながらしっかりとした見守り体制が必要となります。

それだけの労働や気遣いに見合うだけのお給料がもらえるかどうかも疑問です。ある程度ボランティア精神を発揮できる人ではないと務まらないのが一人薬剤師の職場です。自分で裁量が効く分、責任はすべて自分で背負わなければなりません。

いままでは数人いたのに、経営状況の悪化やコストカットなどにより急遽一人体制になることもあり、管理薬剤師になる資格をもっている自分一人にされてしまったというケースもあります。もちろん管理薬剤師だからといって、管理すべき部下がいるとは限りません。店長兼任の場合も多く、他のOTC医薬品の販売や品出し、在庫確認などもしつつ調剤も行っていくというかなりハードな仕事内容になることもあります。それによって退職を考える人もいます。また、その店舗が閉鎖、また自営業者の場合は廃業することもあり得ます。

管理薬剤師の役割を果たし、また一人薬剤師の仕事をこなしたことがあるのなら、その分転職先でも評価されると思うかもしれません。しかし、いままでずっと大きな規模の企業で働いたことがない、新卒からずっと一人薬剤師だったりすると他の薬剤師との連携、また人の下で働けるかなどといった懸念をもたれることがあります。

まだ年齢が若いときは、それも一つの経験として捉えられることも多いです。しかしある程度年齢を重ねて、中年、またはベテランになったときに、管理薬剤師や薬局長、店長などの経験があっても実際は一人薬剤師でした、という職歴のこともあるでしょう。採用側としては次の仕事で本当に人を管理することができるか、能力的に大丈夫か、人付き合いはうまくやっていけるのかといった心配があります。もしその場合は退職なども慎重に考えて、次の仕事でのスキルが十分あることの確固たる証拠などを考えて、転職活動をしていくといいでしょう。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.