一人薬剤師のやりがいは?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師のやりがいは?

一人薬剤師のやりがいは?

一人薬剤師は大変なことも多いです。なにしろ一つの事業所、調剤薬局、場合によっては他の医薬品や生活用品を扱うドラッグストアまで一人でやらなければいけない場合もあります。ある程度アルバイトの人がいれば品出しやレジ打ちくらいは手伝ってもらえるでしょうが、管理的な仕事はすべて自分の責任ですのでなかなか気が抜けない仕事ということもできるでしょう。

一人薬剤師のほうが、他の同僚薬剤師と、または上司の薬剤師との人間関係に悩むことがないし、またむしろマイペースで仕事ができるので性格的に自由裁量が好きで、セルフモチベーションのある人、なおかつ責任感が強いような人は向いています。

また親や親族が調剤薬局を経営していて、それが小規模な薬局であれば、やはり地域の調剤薬局としての役割を担って行かなければならない人もいるでしょう。地域貢献など使命感、そして人の面倒をみるのが好きな人も適性があります。

それは本人の選択肢である可能性もありますし、どちらかといえば周りのニーズに合わせて一人薬剤師にならざるを得ない場合もあります。

ただし、濃厚な人間関係が苦手な人、ストレスを抱えやすい人、多種多様な患者さんに臨機応変に対応するのが苦手な人には向いていません。お年寄りや体の不自由な人の応対が苦手な人も一人薬剤師は厳しいかもしれません。薬剤師以外の雑用仕事も進んでできる人ではないと難しいです。

仕事というのはそれぞれの人の特性を活かせたほうがそのほうがいいのです。だから地方の地元の調剤薬局が向いている人もいます。地方で若い薬剤師がいる意義は非常に大きいものがあるでしょう。

一人薬剤師の場合も、もちろん一人で現場を回さなければならず、薬剤師以外の仕事もしなければならないなどデメリットもあります。しかし地域に根ざした店舗で気持ちに余裕がある中での仕事に充実感を感じる人も当然います。

また、忙しい環境を好む人、人とのコミュニケーションが好き、お年寄りや困っている患者さんの助けになりたいなどボランティア精神の高い人も向いているかもしれません。

実際の職場環境や仕事内容は、その仕事に就いて見なければわかりません。しかし、仕事の内容や面接のときの感触から、自分でだいたいの目安がつくことでしょう。そのときに自分のスキルや職歴を活かすことができるかどうか、また自分はそのポストに向いているか、これからの将来性のある職場かどうか、それをよく見極める必要があります。

自分でうまく判断ができない、情報が足らないと思う人は、薬剤師専門の転職支援サービスなどに相談してみるのも、転職を成功させる一つの方法でしょう。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.