一人薬剤師の年収相場は?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師の年収相場は?

一人薬剤師の年収相場は?

薬剤師の年収相場は病院・調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社・公務員など、働く場所と経験や年齢によって400万〜800万円とかなり格差があります。2011年4月15日に厚生労働省が発表した医療経済実態調査報告書によると、薬剤師の年収相場は病院でも医療法人の場合は約412万円で国立病院は約473万円で公立は約約506万円でした。年収相場の伸び率が最も大きかったのは一般病院の医療法人で、年齢別の年収相場で最も高かったのは勤続年数が11年〜20年の、40歳から59歳の常勤薬剤師で約770万円でした。

一方で最も年収相場が少くなかったのは勤続年数が、1年以上2年未満の24歳の常勤薬剤師で約390万円でした。勤続年数が2年以上の25歳から29歳の場合で約440万円で、勤続年数が4年以上の30歳から34歳の場合で約540万円で、勤続年数が8年以上の35歳から39歳の場合で約630万円でした。ただ薬剤師の年収相場も60歳を過ぎるとは約500万と逆に減少傾向にありますが、これは定年退職などで再雇用契約を結んでいるからだと考えられます。ただ薬剤師の年収相場も同じタイプの病院でも、その病院の経営状況などによってもかなり異なります。

例えば扱う医薬品が多い急性期型病院では、勤務時間が長い割に年収相場は少いのが一般的です。その一方で療養型病院で働く薬剤師の年収相場は、高い傾向にあり格差が見られます。ただ急性期型病院では扱う医薬品が多いのでスキルアップができますが、療養型病院では取り扱う医薬品も限られています。ドラッグストアの年収相場は登録販売者制度が、スタートしたこともあり減少傾向にあります。それでもドラッグストアチェーンのウエルシアの新卒の、薬剤師の初任給が年収600万円と話題になりました。

ドラッグストアの年収相場は病院や調剤薬局よりも高い傾向にありますが、最近ではこのサイトに掲載されている「リクナビ薬剤師」や「m3.com Pharmacist」などの転職エージェントでは好条件の一人薬剤師の求人を目にします。一人薬剤師は文字通り一人で調剤をしなければいけなく、ミスが許されない薬剤師にとってもプレッシャーがあるのは事実です。それでも一人薬剤師の年収相場は高く、中には年収800万円という求人もあります。もし一人薬剤師の求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者があなたが希望するような、好条件の一人薬剤師求人の求人を紹介してくれます。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.