一人薬剤師の悩みは?

一人薬剤師求人TOP >> FAQ >> 一人薬剤師の悩みは?

一人薬剤師の悩みは?

人に必要とされることが好きな人もいますし、仕事は仕事とドライに割り切っていても、非常によい成果を出している人もいます。どちらかというと前者の人のほうが地方の一人薬剤師の仕事には向いていますが、来客数が多く、仕事も多いような都市部の職場では、一人で仕事をこなすためにきびきびと仕事をしていくような要領のよい人のほうが向いている可能性もあります。一番大事なのは職場とその人の能力、性格などのマッチングです。

一人で薬剤師をしていると、その業務をすべて自分の裁量で行わなければいけないので、なかなか時間のやりくりが大変ですし、ときには残業をしなければ仕事が回らないこともあります。忙しいときと暇なときの差が激しい店舗もあります。大型病院の近くの調剤薬局などは常時ひっきりなしに来客がありますが、地域の商店街、または住宅街の店舗などは、気象状況などで来客数が大きく変動するので、それによって状況をみつつ、仕事を進めて行かなければなりません。

一人薬剤師の一番の辛いところは、困ったことがあっても同僚や上司に相談できないことです。自分で判断し解決してその店舗を守っていく、維持していく能力が必要なので、そのためにやはり薬剤師として一つの店舗などを任された管理薬剤師以上の職歴を持つ人が適任です。

また経営状況が悪い、それから地方で薬剤師や調剤薬局が不足している地域などで一人薬剤師をしている場合、経営状況やそれぞれの患者さんに注意を払いながら仕事をしていかなければならず、やることは無尽蔵にあります。

コストカットや要領よい仕事運び、またお年寄りの対応などやることが多い一人薬剤師の仕事です。それでもやりがいをもって取り組める人なら結果的にスキルアップになることでしょう。一人で一つの営業所、店舗をきりもりした経験はその後の転職などにも大いに役に立つはずです。

もともと親族が調剤薬局を経営している場合、またはこれから独立して調剤薬局を開こうと考えている場合はとくに、こうした経験が役に立ちますし、信用にもつながることがあるのでぜひ引き受けてみることをおすすめします。

人によっては大企業や大病院に所属していることのほうが向いている場合もありますので、自分で自分の適性を見極める、また仕事の将来性などを考慮して、臨機応変に転職活動をしていくことが大事になってきます。これからの将来、一人薬剤師のニーズはどんどん高まっていくので必要スキルを身につけておくのもあなたの薬剤師としての強みとなります。

一人薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 一人薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.